2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

ゆめうた工房の手作り石けんについて

ゆめうた工房です。

2007年8月15日に手作りせっけん、手作り雑貨のネットショップをオープンしました。(※現在は、ネットショップは閉店し、滋賀がいいもん市での出店や、プチマルシェさんへの委託販売を行っています。)

作者の思いや製品紹介などをこのブログにのせております。良かったら、ご覧になってくださいhappy01

☆手作り石けんについて知っていただきたいこと

(使用上のご注意)…手作り石けんをより長く、楽しんで使っていただくために。

・手作り石けんを使用される前に、まず手洗いから試していただくことをおすすめします。少しでも皮膚にかゆみや赤みなどがでましたら、すぐに使用を中止してください。

当店の石鹸は薬事法上、【雑貨】又は【台所用】として販売しております。
お肌に合わない場合は使用を中止し、専門医へご相談ください。
商品使用上のトラブル等はいかなる場合も当店では責任を負いかねます。
予めご理解お願い致します。

・保存料は使用しておりません。保管はできるだけ湿気が少なく、涼しく、直射日光の当たらないところがおすすめです。

・保管中湿気が多いと、石けんが汗をかくことがあります。表面の水分をふき取って良く乾かしてから、湿気の少ない場所で保管してください。

・市販の石けんより柔らかく、溶けやすいです。使用後は水切れの良いソープディッシュにおいて、風通しの良いところで乾かしてください。水や皿などに接している面が少ないほど良く乾き、石けんが長持ちします。(うっかり風呂場に置きっぱなしにすると、表面がとろとろ~の半透明になってしまいました。)

・香りを付けるために「アロマせっけん」には、アロマテラピーで用いる「精油(エッセンシャルオイル)」を使用しております。精油には幼児や妊婦さんには使えない物があります。持病がある方(高血圧やてんかんなど)や体調のすぐれない方も使えない物があったり、注意が必要だったりします。使われている精油をよく確かめて、石けんをご使用ください。

(すぐ使わない時の保存の仕方)

・手作り石けんは暑さと湿気に弱く、酸化が進むおそれがあります。包装紙の上から新聞紙などに包み、シリカゲルと一緒に館やタンス段ボールの中などに入れると湿気が防げます。缶や段ボールは、できるだけ涼しいところにおいてください。夏場、どうしても暑さや湿気が気になる方は冷蔵庫に入れて、早めにお使いください。

(石けんを寝かしてみる)

・良い状態で保管すると、石けんの熟成が進み、固くしまった、マイルドな使い心地の石けんになっていきます。使用期限の目安として一年以内にお使いいただくと良いかと思います。

07050411imgp2318

手作り石けんは市販の石けんとは、ちょっと違いますが(気をつかうところもあります)その分愛情を持ってせっけんを使っています。なんだか優しい気分になります。

イベント出店予定

  • ●"chocoleaf"の出店予定
    ◯VIVA! HANDCRAFT!(ビバ!ハンドクラフト!) 2015年3月15日(日)・16日(月) 10:00〜17:00 ららぽーと守山(molive)1Fセントラルコート にて

アロマテラピーレッスンとアロマワークショップのお知らせ

  • ルームスプレー 練り香水作りのワークショップ開催10:00〜17:00 
    日時 :2015年3月15日(月) 両日とも10:00〜17:00 イベント『ビバ!ハンドクラフト!』にて開催します。  ※ワークショップの受付は16:00まで

最近のトラックバック