2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2007年8月13日 | トップページ | 2007年8月22日 »

2007年8月14日

いよいよオープンです

もうすぐ8月15日、ショップオープンの日を迎えます。

ドキドキです。

ワクワクです。

ここから、また新しいご縁が広がっていくことを、心より願っています。

手作りせっけんの材料について

07050410imgp2292 手作りせっけんに使用されている材料について

※せっけんの材料となる物の特徴や一般的に言われていることについて表しているものであり、ゆめうた工房手作りせっけんの効能を表しているものではありません。あらかじめご了承ください。

※それぞれの素材にアレルギーのある方は、使用しないでください。

※詳細はショップページの各商品ごとに記載しております。
精製水と苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)は省略させていただいております。
(OP)と記載しているものは制作の最終段階でオプションとして加えた材料になります。
その他、使用感は店主及びモニターの感想によるものですので
個人差がございます事を予めご理解お願い致します。

1,植物油 (oil)

アボカドオイル…アボガドの果肉からとれるオイル。ビタミンやミネラルを多く含む。美容効果が高く、皮膚への治療効果があると言われ、老化肌や乾燥肌に向く。マイルドな使い心地で、ベビーソープに良く配合されています。

オリーブオイル…オリーブの果肉からとれるオイル。オレイン酸や植物性スクワレンが豊富で保湿力が高く、肌への浸透性が早く、炎症やかゆみを抑えます。石けんの基本となるオイル。

ココナッツオイル…ココナッツの果肉からとれるオイル。せっけんの泡だちと洗浄力を良くします。

スィートアーモンドオイル…スィートアーモンドの種子からとれるオイル。オレイン酸、ビタミンなどが豊富。石けんにすると、使用感がアップし、クリームのようなきめ細かい泡が立つ。

セサミオイル(太白胡麻油)…胡麻からとれるオイル。低温圧搾した無色透明なオイル。抗酸化物質のセサモールを含むため紫外線防止にも使われる。アーユールヴェーダでは毒素を排出するマッサージオイルとして使われている。石けんにするとさっぱりと軽い使用感。

パームオイル…アブラヤシの種からとれるオイル。石けんに固さを出す。

ヘンプシードオイル…麻の実からとれるオイル。リノール酸、αリノレン酸、アトピーに有効とされるγリノレン酸をバランス良く含む。皮膚へ潤いを与え保護機能と免疫力を高めます。

ホホバオイル…半砂漠から砂漠地帯に生えるツゲ科の植物にホホバの雌木になる種子から抽出する液体ワックス。皮膚に似た成分構成で肌になじみやすい。さらりとしてべたつきにくく参加しにくい。

マカダミアナッツオイル…マカデミアナッツの堅果からとれるオイル。こうばしい香りがする。加齢と共に減少していくパルミトレイン酸を多く含み、皮膚への浸透性が高い。

2.オプション

クレイ…ミネラルを多く含む粘土。主成分はシリカ(ケイ土)。ホワイト、イエロー、レッド、ピンク、グリーンなどの自然の色々な色のクレイがある。吸着作用があり、洗顔ではソフトなスクラブ剤として用いられる。

カララント…石けんや化粧品の色づけに使う染料。赤、黄、茶、黒、緑は「オキサイド(酸化鉄)」と呼ばれ、青、ピンク、紫は「ウルトラマリン」と呼ばれる。

緑茶…ビタミン、カテキンが豊富で抗酸化作用がある。

3,ハーブ

ラベンダーリラックス効果。鎮静効果。肌荒れを沈め健康な肌へ。

マリーゴールド…天然カロチンを含む。ごく穏やかなスクラブや模様、色づけとして使用。

4,精油(エッセンシャルオイル)…植物から抽出した、揮発性芳香性のある天然の素材。アロマテラピーで主に用いられる。手作り石けんの香り付けと、精油の効能を石けんにも取り入れようとするものである。当店のアロマ石けんは微香性に仕上がるようにしております。敏感肌の方は、無香料石けんをおすすめします。

ユーカリ…すっきりと清涼感のある香り。抗菌・消炎作用。心身の疲労緩和。

ゆめうた工房のショップはこちら→ゆめうた工房

はじめまして。

ゆめうた工房です。

2007年8月15日に手作りせっけん、手作り雑貨のネットショップをオープンしました。

(リンク→ ゆめうた工房

ショップページでは、載せきれない作者の思いや製品紹介などをこのブログにのせております。良かったら、ご覧になってくださいhappy01

☆手作り石けんについて知っていただきたいこと

(使用上のご注意)…手作り石けんをより長く、楽しんで使っていただくために。

・手作り石けんを使用される前に、まず手洗いから試していただくことをおすすめします。少しでも皮膚にかゆみや赤みなどがでましたら、すぐに使用を中止してください。

当店の石鹸は薬事法上、【雑貨】又は【台所用】として販売しております。
お肌に合わない場合は使用を中止し、専門医へご相談ください。
商品使用上のトラブル等はいかなる場合も当店では責任を負いかねます。
予めご理解お願い致します。

・保存料は使用しておりません。保管はできるだけ湿気が少なく、涼しく、直射日光の当たらないところがおすすめです。

・保管中湿気が多いと、石けんが汗をかくことがあります。表面の水分をふき取って良く乾かしてから、湿気の少ない場所で保管してください。

・市販の石けんより柔らかく、溶けやすいです。使用後は水切れの良いソープディッシュにおいて、風通しの良いところで乾かしてください。水や皿などに接している面が少ないほど良く乾き、石けんが長持ちします。(うっかり風呂場に置きっぱなしにすると、表面がとろとろ~の半透明になってしまいました。)

・香りを付けるために「アロマせっけん」には、アロマテラピーで用いる「精油(エッセンシャルオイル)」を使用しております。精油には幼児や妊婦さんには使えない物があります。持病がある方(高血圧やてんかんなど)や体調のすぐれない方も使えない物があったり、注意が必要だったりします。使われている精油をよく確かめて、石けんをご使用ください。

(すぐ使わない時の保存の仕方)

・手作り石けんは暑さと湿気に弱く、酸化が進むおそれがあります。包装紙の上から新聞紙などに包み、シリカゲルと一緒に館やタンス段ボールの中などに入れると湿気が防げます。缶や段ボールは、できるだけ涼しいところにおいてください。夏場、どうしても暑さや湿気が気になる方は冷蔵庫に入れて、早めにお使いください。

(石けんを寝かしてみる)

・良い状態で保管すると、石けんの熟成が進み、固くしまった、マイルドな使い心地の石けんになっていきます。使用期限の目安として一年以内にお使いいただくと良いかと思います。

※梱包について

当店は商品発送の際、過剰包装は致しておりません。
環境への配慮はもちろんですが販売価格を少しでも抑える為です。
プレゼントギフトなどへの簡単なラッピングはお受けしております。
別料金にていくつかご用意しておりますのでご相談ください。 (備考欄にご記入ください)

07050411imgp2318

手作り石けんは市販の石けんとは、ちょっと違いますが(気をつかうところもあります)その分愛情を持ってせっけんを使っています。なんだか優しい気分になります。

« 2007年8月13日 | トップページ | 2007年8月22日 »

イベント出店予定

  • ●"chocoleaf"の出店予定
    ◯VIVA! HANDCRAFT!(ビバ!ハンドクラフト!) 2015年3月15日(日)・16日(月) 10:00〜17:00 ららぽーと守山(molive)1Fセントラルコート にて

アロマテラピーレッスンとアロマワークショップのお知らせ

  • ルームスプレー 練り香水作りのワークショップ開催10:00〜17:00 
    日時 :2015年3月15日(月) 両日とも10:00〜17:00 イベント『ビバ!ハンドクラフト!』にて開催します。  ※ワークショップの受付は16:00まで

最近のトラックバック